• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強豪も助っ人頼み ラグビー代表資格見直しは日本に追い風

 ラグビーナショナルチームの代表資格にメスが入りそうだ。

 国際統括団体のワールドラグビー(WR)は16日(日本時間17日)、ロンドンで理事会を開き、現行の代表選手の資格条件の見直しを図る委員会の設置を決めた。来年1月にも検討作業に入る。

 ラグビーは「出生地が当該国」「両親および祖父母のうち1人が当該国出身」「当該国に3年以上、継続して居住」の3つのうち、1つでも満たせば国・地域の代表資格が与えられる。代表入りの条件は他の競技に比べて緩い。

 W杯では毎回のように、日本代表の外国出身選手の多さに批判が集まるが、助っ人補強をしているのは、何も日本だけではない。

 前回15年のイングランド大会に純血チームで臨んだのは4強入りしたアルゼンチンのみ。ニュージーランド、豪州、南アの強豪ですら外国人選手が名を連ね、サモア(13人)、ウェールズ、トンガ(いずれも12人)は、日本よりも助っ人が多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る