強豪も助っ人頼み ラグビー代表資格見直しは日本に追い風

公開日:

 ラグビーナショナルチームの代表資格にメスが入りそうだ。

 国際統括団体のワールドラグビー(WR)は16日(日本時間17日)、ロンドンで理事会を開き、現行の代表選手の資格条件の見直しを図る委員会の設置を決めた。来年1月にも検討作業に入る。

 ラグビーは「出生地が当該国」「両親および祖父母のうち1人が当該国出身」「当該国に3年以上、継続して居住」の3つのうち、1つでも満たせば国・地域の代表資格が与えられる。代表入りの条件は他の競技に比べて緩い。

 W杯では毎回のように、日本代表の外国出身選手の多さに批判が集まるが、助っ人補強をしているのは、何も日本だけではない。

 前回15年のイングランド大会に純血チームで臨んだのは4強入りしたアルゼンチンのみ。ニュージーランド、豪州、南アの強豪ですら外国人選手が名を連ね、サモア(13人)、ウェールズ、トンガ(いずれも12人)は、日本よりも助っ人が多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る