強豪も助っ人頼み ラグビー代表資格見直しは日本に追い風

公開日:

 ラグビーナショナルチームの代表資格にメスが入りそうだ。

 国際統括団体のワールドラグビー(WR)は16日(日本時間17日)、ロンドンで理事会を開き、現行の代表選手の資格条件の見直しを図る委員会の設置を決めた。来年1月にも検討作業に入る。

 ラグビーは「出生地が当該国」「両親および祖父母のうち1人が当該国出身」「当該国に3年以上、継続して居住」の3つのうち、1つでも満たせば国・地域の代表資格が与えられる。代表入りの条件は他の競技に比べて緩い。

 W杯では毎回のように、日本代表の外国出身選手の多さに批判が集まるが、助っ人補強をしているのは、何も日本だけではない。

 前回15年のイングランド大会に純血チームで臨んだのは4強入りしたアルゼンチンのみ。ニュージーランド、豪州、南アの強豪ですら外国人選手が名を連ね、サモア(13人)、ウェールズ、トンガ(いずれも12人)は、日本よりも助っ人が多かった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る