クビトバの完全復活に暗雲 “狙われたトップ選手”のその後

公開日: 更新日:

 世界のテニス界に衝撃が走った。

 ウィンブルドン選手権を2度(2011、14年)制した女子シングルス世界ランキング11位のペトラ・クビトバ(26=チェコ)が20日、同国東部プロスチェヨフの自宅で刃物を持った強盗に襲われ、利き手の左手を負傷。神経と腱の修復手術を受け、今後3カ月はラケットを握れないという。クビトバは今季途中に左足を疲労骨折し、来季開幕からの復帰を目指していたが、来年1月の全豪オープン出場は絶望的となった。

 手術を終えたクビトバは自身のツイッターで「ひどいケガをしたが、幸運にも生きている。私は強いし、この出来事と闘いたい」と記し、ファンに向けて早期復帰を誓った。

 回復が順調なら来年4月にも練習を再開できる見込みだが、完全復活にはケガの完治に加え、心のケアも必要になる。クビトバ同様、過去に強盗や暴漢の被害に遭った女子選手は事件後、揃って低迷しているからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る