畑岡奈紗の米デビュー戦予選落ちに「戸惑い」とプロ解説

公開日: 更新日:

【ピュアシルク・バハマLPGAクラシック】

 得意クラブは平均飛距離250ヤードのドライバーという畑岡奈紗(18)も、デビュー戦でそんな洗礼を浴びている。

 今大会はドライバーのロフトを1度立て、ランで飛距離を稼ぐ作戦で臨んだ。ところが、初日は平均飛距離244ヤード、フェアウエーキープは14ホール中8ホールと安定感を欠いた。同組のJ・クラッテン(31=仏)は175センチの大型プレーヤーで268・5ヤードも飛ばし、158センチと小柄な畑岡を20ヤード以上もオーバードライブした。また初日トップのB・リンシカム(31=米国)は266ヤードだった。

 小野寺誠プロがこう解説する。

「亜熱帯のバハマは日本の芝質と違い、フェアウエーが硬くランがよく出ます。ロフトが1度違うだけでランは20~30ヤードは期待できます。そこで畑岡が平均ドライバー飛距離よりも落ちているということはちょっと気になります。実はロフトを立てるということは、フェース面が立っているのでアドレス時にスッキリ見え、構えた時の安心感があるのです。反対にロフトが大きくなると、リーディングエッジまで見えてくる。調子がいい時には気になりませんが、調子が悪くなるとターゲットに合わせにくいなど不安になります。プロにとってロフトを立てるということは調子のバロメーターなのです。初日に6ホールでフェアウエーを外しているようではビッグスコアは出ない。いつも通りのマネジメントができず、戸惑っているのかもしれません」

 1アンダー、50位タイ発進の2日目は最終組で10番からスタート。5バーディー、5ボギーの73で回り、通算1アンダー80位と順位を落として予選落ちした。25位タイ発進の上原彩子(33)は68で回り通算8アンダー、17位タイに浮上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る