• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暫定首位も「しんどい…」 谷原秀人の“弱音”に厳しい声

【SMBCシンガポールオープン 初日】

 今季日本ツアーの初戦がアジアンツアーとの共同主管でスタートした。

 前週の米ツアー、ソニー・オープン27位の谷原秀人(38)が、ハワイから16時間かけてシンガポールへ強行移動。大会初日は雷雨接近で中断する前にホールアウトでき、7バーディー、1ボギーの65で回り6アンダー、暫定首位につけた。

 現在、世界ランク54位の谷原は、今年のマスターズ出場キップを手にするためには、直前3月27日までに50位内に潜り込めばOKだ。今大会に優勝すれば一気に50位圏内に飛び込むこともできる。

 だが、ホールアウト後は長旅の疲れもあるだろうが、何とも頼りないものだった。日本ゴルフツアー機構のホームページに、「腰が痛い。疲れが抜けにくい。歳なんで……、しんどいですよ」と心情を吐露している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事