米ツアー参戦 畑岡奈紗のルーキーイヤーは課題が山積み

公開日:  更新日:

 どんな世界も1年目は苦労の連続だ。

 米女子ゴルフツアー最終予選会を通算5アンダー、14位タイで突破した17歳の畑岡奈紗。10月の日本女子オープンを史上最年少で制したとはいえ、ルーキーイヤーから米国で結果を残すのは容易じゃない。

 米女子ツアーは今季、33試合で賞金総額は6310万ドル(約72億円)だった。38試合が行われた国内賞金額(35億2000万円)の倍以上。大金を狙って世界から有力選手が集まってくるわけだが、広大な米国だけでなく、バハマ、オーストラリア、フランスやアジアと世界中で試合が開催される。時差もあるし、移動費用も多額だ。昨年、米国下部ツアーに参戦した森田遥は、2000万円の年間経費のうち、500万円をクラウドファンディング(ネットで資金提供を募集)で集めた(実際の募金は約770万円)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る