日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

やっぱり内弁慶 賞金王・池田勇太“日本開幕戦”で予選落ち

【SMBCシンガポールオープン 2日目】

 日本ツアー賞金王の池田勇太(31)にがっかりだ。今大会はアジアンツアーとの共催で、会場が国外とはいえ、日本ツアーメンバーにとってれっきとした開幕戦だ。

 試合は2日続きのサスペンデッドになったが、大会前に、「去年良かった分の貯蓄はある。今年はマスターズにピークを持っていきたい」と周囲に期待を持たせた池田は1打足りず、通算2オーバー、78位で予選落ち。試合に向けた準備不足が明らかだった。

 予選2日間は世界ランク7位のアダム・スコットと昨年覇者で同ランク80位の宋永漢という注目ペアリングに入った。スコットは7アンダーの3位、宋は5アンダー、6位と上位で決勝進出を決めたが、池田だけ2オーバーで一人カヤの外だった。

 評論家の宮崎紘一氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事