ベイ最多62試合登板 “タフネス右腕”須田幸太の自己管理

公開日: 更新日:

「休日はリラックスできました」

 こう語るのは昨季、チーム最多の62試合に登板したタフネス右腕。第1クールの休日(5日)の午後は、10年来の知人の家に出かけた。

「大学(早大)時代に浦添でキャンプをしていた頃、球場でキャンプの手伝いをしていた人で、それからの関係です。今はPT(理学療法士)の資格を取って、病院でリハビリの担当をしている。僕の方から『一回、見てくださいよ』ということで、遊びがてら出かけて少し体を診てもらって、治療代の代わりじゃないですけど、先生のお子さんとラジコンやバドミントンをして遊びました。いい息抜きになりましたね」

 キャンプ初日、須田は向かって左端のブルペンに入った。そこは昨季限りで引退したレジェンド・三浦大輔の定位置だった場所に、踏み込んだ。

「投手陣の柱だった三浦さんのようになりたいとは言えませんけど、僕自身、リリーフ陣の軸になっていけるように」

「ハマの救援番長」と言ったら本人は謙遜するだろうが、今季もブルペンの中心となって、フル回転をする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る