日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベイ最多62試合登板 “タフネス右腕”須田幸太の自己管理

「休日はリラックスできました」

 こう語るのは昨季、チーム最多の62試合に登板したタフネス右腕。第1クールの休日(5日)の午後は、10年来の知人の家に出かけた。

「大学(早大)時代に浦添でキャンプをしていた頃、球場でキャンプの手伝いをしていた人で、それからの関係です。今はPT(理学療法士)の資格を取って、病院でリハビリの担当をしている。僕の方から『一回、見てくださいよ』ということで、遊びがてら出かけて少し体を診てもらって、治療代の代わりじゃないですけど、先生のお子さんとラジコンやバドミントンをして遊びました。いい息抜きになりましたね」

 キャンプ初日、須田は向かって左端のブルペンに入った。そこは昨季限りで引退したレジェンド・三浦大輔の定位置だった場所に、踏み込んだ。

「投手陣の柱だった三浦さんのようになりたいとは言えませんけど、僕自身、リリーフ陣の軸になっていけるように」

「ハマの救援番長」と言ったら本人は謙遜するだろうが、今季もブルペンの中心となって、フル回転をする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事