ベイ最多62試合登板 “タフネス右腕”須田幸太の自己管理

公開日:

「休日はリラックスできました」

 こう語るのは昨季、チーム最多の62試合に登板したタフネス右腕。第1クールの休日(5日)の午後は、10年来の知人の家に出かけた。

「大学(早大)時代に浦添でキャンプをしていた頃、球場でキャンプの手伝いをしていた人で、それからの関係です。今はPT(理学療法士)の資格を取って、病院でリハビリの担当をしている。僕の方から『一回、見てくださいよ』ということで、遊びがてら出かけて少し体を診てもらって、治療代の代わりじゃないですけど、先生のお子さんとラジコンやバドミントンをして遊びました。いい息抜きになりましたね」

 キャンプ初日、須田は向かって左端のブルペンに入った。そこは昨季限りで引退したレジェンド・三浦大輔の定位置だった場所に、踏み込んだ。

「投手陣の柱だった三浦さんのようになりたいとは言えませんけど、僕自身、リリーフ陣の軸になっていけるように」

「ハマの救援番長」と言ったら本人は謙遜するだろうが、今季もブルペンの中心となって、フル回転をする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る