• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昼すぎにフラリ 中日・杉山は“スタバでYouTube”が息抜き

「練習が休みのとき、昼すぎにフラッと立ち寄るのがいいんです」

 中日の捕手・杉山翔大はキャンプ休日、大手カフェチェーン店のスターバックスに向かうことがある。戦いの場であるグラウンドとは全く違うスタイリッシュな雰囲気に身を委ねることでリラックスした気分になる。中日は合同自主トレがスタートした27日から沖縄入りしており、自主トレ期間中に一度、訪れたという。

「コーヒーを飲みながら自分が好きな音楽を聴いたり、『YouTube』を見たりしてます。野球の動画を見ることもありますね。捕手のスーパープレー集は凄いですよ。座ったまま二塁に送球するモリーナ(カージナルス)とか、エゲつない。僕には到底できないですけど。あとはフットワークなんかを参考にしたり。リラックスした中でふと野球を思い出す時間も大事なのかなと。それが後になって引き出しになったりすることってあると思っています」

 昨季は捕手としてチーム最多の104試合でマスクをかぶった正捕手の筆頭候補は、「1、2年目は一軍で試合に出ることができなかった。その時の悔しさを思い出しながら、向上心を持って、常に這い上がる気持ちでプレーしたいと思っています」と意欲的だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る