新人らしからぬ物言い…広島ドラ1加藤にポスト黒田の期待

公開日: 更新日:

 カリスマ黒田の抜けた穴を埋めるのはこの男かもしれない。広島ドラフト1位ルーキー・加藤拓也(慶大=22)が9日、宮崎・日南キャンプの第2クールを終えた。

 最速153キロの剛腕は7日のフリー打撃に初登板。力強いボールで、鈴木、田中、菊池の侍ジャパンメンバーを相手に安打性ゼロに抑えた。

 ドライチといっても「外れ外れ1位」。最近の野村や大瀬良はいずれも開幕ローテを勝ち取ったが、「最初は中継ぎからではないか」とみる関係者が多かった。そんな“期待薄”のムードも「侍斬り」で首脳陣の見る目も変わってきたともっぱら。

 加藤に聞いた。

「プロになって驚いたこと? ユニホームですね。クリーニングしてくれることに驚いています。当たり前ですけど、学生の時は自分たちでやりますから。あとは大人が多いこと。学生の時は監督、コーチ、トレーナーの3人。プロは首脳陣、球団関係者、マスコミの人……。気疲れしますね。球場で不特定多数のお客さんに見られるのは平気なんですけど、ブルペンの後ろで見られるのも気になります。入ってみて凄いと思った選手? いるけど言えません。誰かが凄いと言えば誰かが凄くないみたいじゃないですか!」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る