• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一軍離脱も焦らず 燕ドラ1寺島のメンタルは“意識高い系”

 12日、ヤクルトのドラフト1位・寺島成輝(18=履正社)が左足内転筋の筋膜炎で一軍キャンプから離脱。13日から二軍キャンプでケガの状態を見ながら調整を行うことになった。

 ヤクルトの高卒ルーキーでは8年ぶりに一軍キャンプに参加していた期待の星だが、真中監督は「こっち(一軍)にいても焦る。(二軍で)やれることをやった方がいい」と「療養第一」を命じた。

 ルーキーであれば焦って空回りする選手も少なくないが、寺島の場合はその心配はなさそうだ。伊藤投手コーチは寺島についてこう言う。

「マイペースで自分を崩さない。周りがやっているからといって影響されたり流されたりしない子ですね」

 キャンプで同部屋だったドラフト2位の星知弥(22)も「真面目で自分を持っている」と評価。先輩投手の山中浩史(31)は「『神宮のマウンドってどんな感じですか?』と聞いてきた。キャンプの段階でそんなことを聞いてくるなんて、高卒の新人にしては意識が高いなと思ってびっくりしました」と目を丸くしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る