一軍離脱も焦らず 燕ドラ1寺島のメンタルは“意識高い系”

公開日: 更新日:

 12日、ヤクルトのドラフト1位・寺島成輝(18=履正社)が左足内転筋の筋膜炎で一軍キャンプから離脱。13日から二軍キャンプでケガの状態を見ながら調整を行うことになった。

 ヤクルトの高卒ルーキーでは8年ぶりに一軍キャンプに参加していた期待の星だが、真中監督は「こっち(一軍)にいても焦る。(二軍で)やれることをやった方がいい」と「療養第一」を命じた。

 ルーキーであれば焦って空回りする選手も少なくないが、寺島の場合はその心配はなさそうだ。伊藤投手コーチは寺島についてこう言う。

「マイペースで自分を崩さない。周りがやっているからといって影響されたり流されたりしない子ですね」

 キャンプで同部屋だったドラフト2位の星知弥(22)も「真面目で自分を持っている」と評価。先輩投手の山中浩史(31)は「『神宮のマウンドってどんな感じですか?』と聞いてきた。キャンプの段階でそんなことを聞いてくるなんて、高卒の新人にしては意識が高いなと思ってびっくりしました」と目を丸くしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る