日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強化試合は連敗も 警戒すべき“中国版イチロー”と“三刀流”

「スタープレーヤーはいない」

 7日、日本をこう斬り捨てた中国のマクラーレン監督。強気なワケは、中国が抱える“イチロー”や“大谷”の存在か。

 中国とは10日に対戦。強化試合ではオリックスと西武に連敗し、過去のWBC大会では3回連続1次ラウンドで敗退しているが、今回は警戒すべき選手が3人いる。

 最も知名度が高いのが、メジャー通算82勝の左腕、ブルース・チェン(39)。パナマ出身で、祖父母が中国人。第1、2回のWBCはパナマ代表で出場し、今回で4回連続の皆勤賞となる。93年、16歳でブレーブスと契約。フィリーズやメッツなど11球団を渡り歩き、15年5月に現役引退。現在はインディアンスの育成部門に携わっているという。

 WBCのため、昨年12月に投球練習を再開。4日、オリックスとの強化試合で引退後初の実戦マウンドに上がった。かつてヤンキースの松井秀喜を通算・172に抑えた「ゴジラキラー」。日本戦の登板が濃厚といわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事