WBC韓国代表 初の自国開催で連敗もブーイングなしのワケ

公開日: 更新日:

 観客は冷めていた。

 初の自国開催となった韓国が、前日のイスラエルに続き、この日はオランダに0-5で完敗。2大会連続の1次ラウンド敗退が濃厚となった。

 韓国の国民といえば、国際試合では自国代表に熱狂的な応援を見せる一方、惨敗には容赦ない怒声を浴びせることも多々ある。ところがこの日は、絶望の完封負けにもスタンドはやけに冷めていた。

 今回の韓国代表は、メジャーリーガーの不参加に加え、主力となる選手の故障や不祥事でベストメンバーが組めなかったことから「史上最弱の代表」と言われていた。ハナから2次ラウンド行きを諦めていたのかもしれないが、理由はそれだけではない。

 韓国は依然として朴槿恵大統領に関する不正問題に揺れている。さらに先月には、大統領に多額の賄賂を贈ったとしてサムスン電子の李在鎔副会長が逮捕され、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害されるという大きな事件も起きた。北朝鮮は今年に入ってもミサイル発射訓練を繰り返し、6日にも在日米軍基地が訓練標的だったという弾道ミサイル4発を日本海に向けて発射。国内の政治・経済は大荒れで国防不安も増している。

 先月には、来年2月の平昌五輪に向けてプレ大会が行われたが、どの競技も国民の関心は低かった。今はWBCどころではないのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  4. 4

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  5. 5

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  8. 8

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  9. 9

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  10. 10

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る