日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

28人中27人がアメリカ人 イスラエル代表は“米国第2選抜”

 米国のメジャーにはユダヤ系米国人がごまんといる。

 現役では12年に41本塁打でタイトルを獲得したブラウン(33=ブルワーズ)や、昨年まで2年連続25本塁打のピーダーソン(24=ドジャース)らが代表的な選手。選手ではないが、ヤンキースのスタインブレナー・オーナーやキャッシュマンGMもそう。そんなユダヤ系米国人がメンバー28人中27人を占めているのが、6日に韓国、7日は台湾を撃破したイスラエル代表だ。

 韓国戦に先発して好投したマーキー(38)はかつてカージナルスのエースとして活躍、メジャー通算124勝を挙げた右腕。同じく韓国戦に代打出場して二塁打を放ったデービス(29)は、12年にメッツで32本塁打を放った実績の持ち主。台湾戦で本塁打を打ったフライマン(30)とラバンウエー(29)はいずれもマイナーでプレーしている。メジャー昇格を目指す選手と、メジャー実績のある大物中心のメンバー構成なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事