28人中27人がアメリカ人 イスラエル代表は“米国第2選抜”

公開日: 更新日:

 米国のメジャーにはユダヤ系米国人がごまんといる。

 現役では12年に41本塁打でタイトルを獲得したブラウン(33=ブルワーズ)や、昨年まで2年連続25本塁打のピーダーソン(24=ドジャース)らが代表的な選手。選手ではないが、ヤンキースのスタインブレナー・オーナーやキャッシュマンGMもそう。そんなユダヤ系米国人がメンバー28人中27人を占めているのが、6日に韓国、7日は台湾を撃破したイスラエル代表だ。

 韓国戦に先発して好投したマーキー(38)はかつてカージナルスのエースとして活躍、メジャー通算124勝を挙げた右腕。同じく韓国戦に代打出場して二塁打を放ったデービス(29)は、12年にメッツで32本塁打を放った実績の持ち主。台湾戦で本塁打を打ったフライマン(30)とラバンウエー(29)はいずれもマイナーでプレーしている。メジャー昇格を目指す選手と、メジャー実績のある大物中心のメンバー構成なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  8. 8

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  9. 9

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る