改めて考えた…WBCは何のため、なぜこの時期に行うのか?

公開日:

 2日、京セラドームで行われたWBC日本代表の練習に、侍ジャパン唯一のメジャーリーガーである青木が合流した。

「ほとんど打ち損じがない。さすがのバットコントロールだと思った」

 フリー打撃を見守った小久保監督はそう感嘆すると、起用法にも言及。7日の本大会開幕に向けた最後の強化試合となる3日の阪神戦、5日のオリックス戦で「1番・中堅」に起用する。メジャー6年目、ア・ナ両リーグでプレーし、ライバル国のメジャー選手を熟知する日本代表最年長選手は、ヤクルト時代に2度のWBC優勝も経験。心強い存在には違いないだろうが、一方で3人しかいない捕手の1人、嶋の故障という不安は解消されていない。

 楽天でのキャンプから引きずる下半身の張りの影響で、いまだに実戦での調整を見送っている嶋はこの日、「まだ全力でパフォーマンスが出せない」と深刻な表情。代表内では西武・炭谷銀仁朗(29)を代替招集する案も浮上している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る