日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
元川悦子
著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代」「『いじらない』育て方 親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃」など。

マインツ武藤嘉紀<上> 「代表で何か残さないと…」

 2014年ブラジルW杯が惨敗に終わった後、日本サッカーの希望の星となったのが、当時FC東京に所属していた武藤嘉紀だった。慶応大4年に在学しながらプロ1年目に13ゴールを挙げ、アギーレ前代表監督に大抜擢された。ハリルホジッチ監督体制後、16年2月に右ヒザを痛めて長期離脱を強いられて日の丸から遠ざかった。今月のロシアW杯最終予選のUAE戦(23日)とタイ戦(28日)で代表に復帰するとみられる武藤を、ドイツで直撃取材した。

 開口一番、端正なマスクを歪めて「去年はホントにツイてなかった。厄年だったし」と苦笑いした武藤。すぐに気を取り直してこう続けた。

「今年は自分にとって勝負の年です。W杯を決める年でもありますし、自分が(日本代表に)何か残さないとホントこのままズルズル(存在感が薄れて)いってしまうと思う。もうひと花咲かせるためにクラブで結果を残し、日本代表でも確固としたポジションも築けたら最高だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事