• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

PO伊戦で決勝打 ベネズエラ5番・オドーア“打撃開眼”秘話

 ベネズエラの敗退危機を救ったのは、・ダルビッシュ有(30)の同僚だった。

 1次ラウンドD組(メキシコ・グアダラハラ)のプレーオフは13日(日本時間14日)、ベネズエラがイタリアを4-3で下し、2次ラウンド進出を決めた。

 ベネズエラは1点を追う九回にM・カブレラのソロ本塁打で同点に追い付くと、無死一塁から5番ロウグネッド・オドーア(23・レンジャーズ)の左中間適時打で逆転した。

 オドーアは180センチ、88キロとメジャーリーガーにしては小柄ながら、レンジャーズでは一、二を争うパワーの持ち主。昨季は主に5番を打ち、チームトップでキャリアハイの33本塁打を放った。腕っぷしも強く、昨年5月のブルージェイズ戦での乱闘の際、相手の主砲ボティースタに強烈なパンチを見舞っている。


 もともと堅守が売りの二塁手だったが、昨年マイナー落ちしたとき、打撃フォームの改良に着手した。かつてのイチローの振り子打法やすり足打法を試して打撃開眼。現在は一本足打法に落ち着いたが、本人は「足を揺さぶることでタイミングが取れるようになった」と振り返っている。

 オドーアはここまで3試合に出場して8打数3安打の打率3割7分5厘。プラド(マーリンズ=4割3分8厘)、エスコバー(ロイヤルズ=4割6分7厘)とともに打線を牽引。2次ラウンドでもオドーアのバットがベネズエラの浮沈を左右しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る