PO伊戦で決勝打 ベネズエラ5番・オドーア“打撃開眼”秘話

公開日:  更新日:

 ベネズエラの敗退危機を救ったのは、・ダルビッシュ有(30)の同僚だった。

 1次ラウンドD組(メキシコ・グアダラハラ)のプレーオフは13日(日本時間14日)、ベネズエラがイタリアを4-3で下し、2次ラウンド進出を決めた。

 ベネズエラは1点を追う九回にM・カブレラのソロ本塁打で同点に追い付くと、無死一塁から5番ロウグネッド・オドーア(23・レンジャーズ)の左中間適時打で逆転した。

 オドーアは180センチ、88キロとメジャーリーガーにしては小柄ながら、レンジャーズでは一、二を争うパワーの持ち主。昨季は主に5番を打ち、チームトップでキャリアハイの33本塁打を放った。腕っぷしも強く、昨年5月のブルージェイズ戦での乱闘の際、相手の主砲ボティースタに強烈なパンチを見舞っている。


 もともと堅守が売りの二塁手だったが、昨年マイナー落ちしたとき、打撃フォームの改良に着手した。かつてのイチローの振り子打法やすり足打法を試して打撃開眼。現在は一本足打法に落ち着いたが、本人は「足を揺さぶることでタイミングが取れるようになった」と振り返っている。

 オドーアはここまで3試合に出場して8打数3安打の打率3割7分5厘。プラド(マーリンズ=4割3分8厘)、エスコバー(ロイヤルズ=4割6分7厘)とともに打線を牽引。2次ラウンドでもオドーアのバットがベネズエラの浮沈を左右しそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る