• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBC3戦連発でも…中田翔の“FA移籍”日ハムが背中押すワケ

 WBCで中田翔(27=日本ハム)が打ちまくっている。

 12日のオランダ戦では3戦連続本塁打に、決勝の2点適時打を放って4連勝に貢献。ここまで4試合で14打数5安打、8打点、3本塁打と気を吐いている。実戦5試合で10打数無安打とサッパリだったキャンプ中の不振は、いったい何だったのかと言いたくなるバカ当たりぶりだ。

 日本代表の中軸打者の面目躍如だが、それでも14日から札幌でオープン戦を行う日本ハム首脳陣の評価が上がるわけではないという。

「好不調の波が激しいのはいつものこと。いいときはいいのに、打てないときは本当にからっきしですから」と、日本ハムOBがこう続ける。

「昨年110打点でタイトルを取ったけど、同じくらいチャンスをつぶしているというのが首脳陣の評価です。特にシーズン序盤の不振は、ソフトバンクに一時11.5ゲームも離された大きな要因とみられているほど。ここで4番が打てば……という場面での凡退を数えたらキリがありませんからね。WBCで活躍しているからといって、ひと皮むけたと捉えるのは早計だと首脳陣はみな思っています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る