日馬富士の鬼気迫る相撲で病院送りも 稀勢の里は強行出場

公開日: 更新日:

 まさかの事件だ。幕内でひとり全勝街道を走ってきた稀勢の里(30)が春場所13日目の24日、横綱・日馬富士(32)に寄り倒されて初黒星。先代師匠の故鳴戸親方(元横綱・隆の里)以来となる新横綱の全勝優勝がパーになったばかりか、左肩付近を負傷して救急車で病院送りになったのだから好事魔多しか、泣き面に蜂か。

 日馬富士に吹き飛ばされた揚げ句、左肩から土俵下へ転落。

 しばらく起き上がれずに、右手で左肩を押さえながら引き揚げる際には痛みで何度もうめき声を発したほど。支度部屋で手当てをした医師によれば、稀勢の里は「痛みがあって(患部を)動かすのが怖い」と言っていたそうだ。

 それにしても、この日の日馬富士は気合が入っていた。すさまじい立ち合いから、もろ差しで一気のがぶり寄り。取組後の本人は「稀勢は大丈夫ですか?」と言いながら、「激しい相撲を取ろうと集中した」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る