前頭の蒼国来に万全の対策 白鵬に透ける横綱の焦りと限界

公開日:  更新日:

 勝ったからといって、だから「強い」とか「横綱らしい」とは限らない。そんな疑問の残る白星を手にしたのが13日の横綱白鵬(32)だ。

 初日はまさかの黒星発進。これには相撲協会の尾車理事(59=元大関琴風)も、本紙記者に「白鵬はどうしたんだろうねえ? 何かおかしかった」と首をひねることしきり。足の裏をケガしていることを知らされても、「そうなの? うーん……」と、納得がいかない様子だった。

 そして迎えた2日目のこの日、蒼国来との対戦だ。低い立ち合いから相手の体を起こすと、左まわしを取り、土俵外に寄り切った。

 初日と打って変わって盤石の相撲に見えるが、気になるのは右肩をぶつけるように当たった立ち合いだ。負けた蒼国来は「立ち合いは腕をこうやって……両方入ろうとしていたけど……」と、もろ差し狙いだったと話した。それを白鵬に封じられたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る