日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

前頭の蒼国来に万全の対策 白鵬に透ける横綱の焦りと限界

 勝ったからといって、だから「強い」とか「横綱らしい」とは限らない。そんな疑問の残る白星を手にしたのが13日の横綱白鵬(32)だ。

 初日はまさかの黒星発進。これには相撲協会の尾車理事(59=元大関琴風)も、本紙記者に「白鵬はどうしたんだろうねえ? 何かおかしかった」と首をひねることしきり。足の裏をケガしていることを知らされても、「そうなの? うーん……」と、納得がいかない様子だった。

 そして迎えた2日目のこの日、蒼国来との対戦だ。低い立ち合いから相手の体を起こすと、左まわしを取り、土俵外に寄り切った。

 初日と打って変わって盤石の相撲に見えるが、気になるのは右肩をぶつけるように当たった立ち合いだ。負けた蒼国来は「立ち合いは腕をこうやって……両方入ろうとしていたけど……」と、もろ差し狙いだったと話した。それを白鵬に封じられたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事