日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

心も体も疲労困憊 4横綱時代の“脱落者1号”は白鵬なのか?

 4横綱時代が長く続かないことは、歴史が証明している。年6場所制以降は大鵬、柏戸、佐田の山、栃ノ海が肩を並べた11場所が最長。年4場所時代ですら、14場所が限界だった。

 今回も真っ先に脱落するのはケガの多い日馬富士(32)、あるいは波の激しい鶴竜(31)だと多くのファンは思っていただろう。しかし、今や最も引退に近い横綱は白鵬(32)だ。

■5日目から途中休場

 4日目の相撲で場所前に痛めた右足裏が悪化し、16日に休場届を提出。宮城野親方(元幕内竹葉山)によれば、「右の太ももも腫れている」という。これで通算5度目の休場となったが、昨年9月場所も右足のケガで全休したばかり。白鵬の強みは大きなケガがなかったこと。それが、ここにきて急激に衰えを見せている。

 ガタがきているのは肉体だけではない。何より、モチベーションの低下が著しいともっぱらだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事