今度はラオニッチが欠場 トップ選手の相次ぐ故障は偶然か

公開日:

 世界5位も姿を消した。

 第2シードの錦織圭(27=世界ランク4位)が、4回戦進出を決めたテニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州マイアミ)で、第3シードのミロシュ・ラオニッチ(26=同5位)が、ハムストリングの故障で3回戦を棄権することになった。2月のデルレイビーチ・オープン準決勝で痛めた箇所が悪化したようだが、今大会は世界ランク1位のマリー(29)と同2位のジョコビッチ(29)も右肘の故障を理由に欠場している。

 それにしても、まだ3月だというのにトッププレーヤーが次々に故障するのは何か理由があるのか。単なる偶然なのか。テニスジャーナリストの塚越亘氏がこう言う。

「ラオニッチはこれまでも、太もも、右足、右腕など比較的故障が多い選手です。マリーはテニスに関心の高い英国出身で、昨年は3年ぶりに全英で優勝。リオ・オリンピックでは五輪連覇を果たし、悲願の世界ランク1位にもなった。その殊勲を認められ、エリザベス女王からナイトの称号を授けられた。オフも忙しく、トレーニング不足で今シーズンに入ってしまったのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る