錦織マイアミOP4回戦進出 格下に苦戦もフルセットで下す

公開日: 更新日:

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州マイアミ)は26日、男子シングルス3回戦を行い、世界ランキング4位の第2シード、錦織圭(27)が同30位で第25シードのフェルナンド・ベルダスコ(33=スペイン)を7―6、6―7、6―1で破り4回戦に進んだ。

 錦織は過去の対戦成績で2勝2敗と五分の相手に終始、てこずった。第1セットは第2ゲームで先にブレークに成功。試合の主導権を握りかけた矢先の第7ゲームで40-0と追い込みながら、ミスから自滅しブレークバックを許す。4-4の第9ゲームも落としてリードされたが、第10ゲームをブレーク。タイブレークの末に先取した。

 第2セットは試合を優位に進めながら、詰めの甘さが出た。5-4で迎えた第10ゲームでブレークされて追い付かれ、再びタイブレークに突入。このセットは6-7で落とした。

 第3セットこそ、2度のブレークで圧倒して6-1で取り、苦戦の末に16強入りを決めた。

 錦織は4回戦で同57位のフェデリコ・デルボニス(26=アルゼンチン)と対戦する。

▽錦織のコメント
「タフな相手なのは分かっていたが、最後に集中して勝てた。試合の中で調子のアップダウンはある。しっかりと休養して次に備えたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  3. 3

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

  10. 10

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る