• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織マイアミOP4回戦進出 格下に苦戦もフルセットで下す

 テニスのマイアミ・オープン(米フロリダ州マイアミ)は26日、男子シングルス3回戦を行い、世界ランキング4位の第2シード、錦織圭(27)が同30位で第25シードのフェルナンド・ベルダスコ(33=スペイン)を7―6、6―7、6―1で破り4回戦に進んだ。

 錦織は過去の対戦成績で2勝2敗と五分の相手に終始、てこずった。第1セットは第2ゲームで先にブレークに成功。試合の主導権を握りかけた矢先の第7ゲームで40-0と追い込みながら、ミスから自滅しブレークバックを許す。4-4の第9ゲームも落としてリードされたが、第10ゲームをブレーク。タイブレークの末に先取した。

 第2セットは試合を優位に進めながら、詰めの甘さが出た。5-4で迎えた第10ゲームでブレークされて追い付かれ、再びタイブレークに突入。このセットは6-7で落とした。

 第3セットこそ、2度のブレークで圧倒して6-1で取り、苦戦の末に16強入りを決めた。

 錦織は4回戦で同57位のフェデリコ・デルボニス(26=アルゼンチン)と対戦する。

▽錦織のコメント
「タフな相手なのは分かっていたが、最後に集中して勝てた。試合の中で調子のアップダウンはある。しっかりと休養して次に備えたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る