日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フェデラー復活劇で際立ってしまう錦織圭の不甲斐なさ

 今年も目標達成は厳しそうだ。

 テニスのBNPパリバオープン男子シングルス決勝(現地19日、米インディアンウェルズ=マスターズ1000)は、世界ランク10位のフェデラー(35・スイス)が同3位のワウリンカ(31・同)にストレート勝ち。全豪に続く今季2勝目は、キャリア通算90勝目となった。

 昨季のフェデラーは、左膝手術や腰痛などで全仏、全米を欠場。7月下旬からツアーを離れ、16年ぶりに優勝なしに終わったことで、引退説も囁かれていた。それが今年、第17シードの全豪からツアー復帰するといきなり優勝。4大大会で18勝目をあげた「レジェンド」は、第9シードの今大会も頂点に立ち、世界ランクを6位まで戻した。

 比較すること自体無理があるものの、フェデラーの完全復帰を見るにつけ、世界ランクが自己最高に並ぶ4位に浮上した錦織圭(27)の不甲斐なさが際立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事