フェデラー復活劇で際立ってしまう錦織圭の不甲斐なさ

公開日:

 今年も目標達成は厳しそうだ。

 テニスのBNPパリバオープン男子シングルス決勝(現地19日、米インディアンウェルズ=マスターズ1000)は、世界ランク10位のフェデラー(35・スイス)が同3位のワウリンカ(31・同)にストレート勝ち。全豪に続く今季2勝目は、キャリア通算90勝目となった。

 昨季のフェデラーは、左膝手術や腰痛などで全仏、全米を欠場。7月下旬からツアーを離れ、16年ぶりに優勝なしに終わったことで、引退説も囁かれていた。それが今年、第17シードの全豪からツアー復帰するといきなり優勝。4大大会で18勝目をあげた「レジェンド」は、第9シードの今大会も頂点に立ち、世界ランクを6位まで戻した。

 比較すること自体無理があるものの、フェデラーの完全復帰を見るにつけ、世界ランクが自己最高に並ぶ4位に浮上した錦織圭(27)の不甲斐なさが際立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る