フェデラー復活劇で際立ってしまう錦織圭の不甲斐なさ

公開日: 更新日:

 今年も目標達成は厳しそうだ。

 テニスのBNPパリバオープン男子シングルス決勝(現地19日、米インディアンウェルズ=マスターズ1000)は、世界ランク10位のフェデラー(35・スイス)が同3位のワウリンカ(31・同)にストレート勝ち。全豪に続く今季2勝目は、キャリア通算90勝目となった。

 昨季のフェデラーは、左膝手術や腰痛などで全仏、全米を欠場。7月下旬からツアーを離れ、16年ぶりに優勝なしに終わったことで、引退説も囁かれていた。それが今年、第17シードの全豪からツアー復帰するといきなり優勝。4大大会で18勝目をあげた「レジェンド」は、第9シードの今大会も頂点に立ち、世界ランクを6位まで戻した。

 比較すること自体無理があるものの、フェデラーの完全復帰を見るにつけ、世界ランクが自己最高に並ぶ4位に浮上した錦織圭(27)の不甲斐なさが際立つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  10. 10

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る