サヨナラHRのヤクルト鵜久森 勝負強さは朝練のたまもの

公開日:

「拾ってもらったという気持ちがある」

 お立ち台でこう言ったのは2日のDeNA戦、延長十回に代打でサヨナラ満塁ホームランを放った鵜久森淳志(30)だ。

「ファウルじゃダメだと思ったので、バットを指1本か2本くらい短く持って芯に当てることを意識した」と振り返った鵜久森は、昨季も開幕4連敗中のチームをソロ本塁打で止めた勝負強さが売りだ。

 15年オフに日本ハムを戦力外となり、12球団合同トライアウトでヤクルトが獲得した。その経緯について、杉村打撃コーチはこう明かした。

「神宮くらいの狭さであれば、一発も十分狙える選手だと思って(真中)監督に取ってくれと頼んだ。今日のような一打は毎日朝早くに球場へ来て、ティー(打撃)をコツコツと続けてきた努力のたまもの。今年に入って、よりボールの待ち方がうまくなって、ミスショットも減った」

「いつ来てもいいように準備をしていた」と言う鵜久森。ひと振り稼業は、ますます繁盛しそうな気配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る