サヨナラHRのヤクルト鵜久森 勝負強さは朝練のたまもの

公開日: 更新日:

「拾ってもらったという気持ちがある」

 お立ち台でこう言ったのは2日のDeNA戦、延長十回に代打でサヨナラ満塁ホームランを放った鵜久森淳志(30)だ。

「ファウルじゃダメだと思ったので、バットを指1本か2本くらい短く持って芯に当てることを意識した」と振り返った鵜久森は、昨季も開幕4連敗中のチームをソロ本塁打で止めた勝負強さが売りだ。

 15年オフに日本ハムを戦力外となり、12球団合同トライアウトでヤクルトが獲得した。その経緯について、杉村打撃コーチはこう明かした。

「神宮くらいの狭さであれば、一発も十分狙える選手だと思って(真中)監督に取ってくれと頼んだ。今日のような一打は毎日朝早くに球場へ来て、ティー(打撃)をコツコツと続けてきた努力のたまもの。今年に入って、よりボールの待ち方がうまくなって、ミスショットも減った」

「いつ来てもいいように準備をしていた」と言う鵜久森。ひと振り稼業は、ますます繁盛しそうな気配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る