• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCで結果出た“1番山田” ヤクルト起用で「40-40」現実味

 これが実現すれば、今後の去就に影響するかもしれない。

 WBCに出場し、主に1番として結果を残したヤクルトの山田哲人(24)が今季、シーズンでも1番に起用される可能性が浮上している。

 ヤクルト首脳陣の間では、キャンプ中からリードオフマンとしての構想を温めていた。

 これを実現させるためには、椎間板ヘルニアで二軍調整中の川端、15年打点王の畠山といった中軸の打者がいかに活躍できるかどうかに関わってくるものの、ヤクルトOBはこう言った。

「山田は昨年と一昨年、主に3番打者として2年連続トリプルスリーを達成した。今年もその可能性は十分にあり、3番に置くのが無難かもしれない。ただ、チーム的には山田の足をより生かしたい。ヤクルトのレギュラーで山田以外に足を使える選手が少なく、3番だと二塁が空いた状況で出塁するケースは1番よりも多くないため、盗塁の企図数自体が減る。山田であれば、1番で起用されれば40~50盗塁を稼ぐことも十分に可能。しかも1番を打つ選手に最も打席が回ってくる。相手チームへプレッシャーをかけることにもなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る