WBCで結果出た“1番山田” ヤクルト起用で「40-40」現実味

公開日: 更新日:

 これが実現すれば、今後の去就に影響するかもしれない。

 WBCに出場し、主に1番として結果を残したヤクルトの山田哲人(24)が今季、シーズンでも1番に起用される可能性が浮上している。

 ヤクルト首脳陣の間では、キャンプ中からリードオフマンとしての構想を温めていた。

 これを実現させるためには、椎間板ヘルニアで二軍調整中の川端、15年打点王の畠山といった中軸の打者がいかに活躍できるかどうかに関わってくるものの、ヤクルトOBはこう言った。

「山田は昨年と一昨年、主に3番打者として2年連続トリプルスリーを達成した。今年もその可能性は十分にあり、3番に置くのが無難かもしれない。ただ、チーム的には山田の足をより生かしたい。ヤクルトのレギュラーで山田以外に足を使える選手が少なく、3番だと二塁が空いた状況で出塁するケースは1番よりも多くないため、盗塁の企図数自体が減る。山田であれば、1番で起用されれば40~50盗塁を稼ぐことも十分に可能。しかも1番を打つ選手に最も打席が回ってくる。相手チームへプレッシャーをかけることにもなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  2. 2

    “報道キャスター”櫻井翔の評価急上昇 NHKと日テレで争奪戦

  3. 3

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  4. 4

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  5. 5

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  6. 6

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  7. 7

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  8. 8

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  9. 9

    芸能事務所に忖度するテレビ局は考え直す時期にきている

  10. 10

    テスト大会で浮き彫り…東京五輪「立候補ファイル」の大嘘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る