日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

WBCで結果出た“1番山田” ヤクルト起用で「40-40」現実味

 これが実現すれば、今後の去就に影響するかもしれない。

 WBCに出場し、主に1番として結果を残したヤクルトの山田哲人(24)が今季、シーズンでも1番に起用される可能性が浮上している。

 ヤクルト首脳陣の間では、キャンプ中からリードオフマンとしての構想を温めていた。

 これを実現させるためには、椎間板ヘルニアで二軍調整中の川端、15年打点王の畠山といった中軸の打者がいかに活躍できるかどうかに関わってくるものの、ヤクルトOBはこう言った。

「山田は昨年と一昨年、主に3番打者として2年連続トリプルスリーを達成した。今年もその可能性は十分にあり、3番に置くのが無難かもしれない。ただ、チーム的には山田の足をより生かしたい。ヤクルトのレギュラーで山田以外に足を使える選手が少なく、3番だと二塁が空いた状況で出塁するケースは1番よりも多くないため、盗塁の企図数自体が減る。山田であれば、1番で起用されれば40~50盗塁を稼ぐことも十分に可能。しかも1番を打つ選手に最も打席が回ってくる。相手チームへプレッシャーをかけることにもなる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事