小林の侍J活躍で株上げたG阿部 初開幕弾で上々滑り出し

公開日: 更新日:

 巨人の4番・阿部慎之助(38)が3月31日、プロ17年目で初の開幕戦本塁打を放った。

 初回2死二塁から、中日先発大野の外角のスライダーに反応。泳がされながらも、右手一本で右中間スタンドへ運んだ。三回には中前適時打で計3打点。4番の活躍で中日に6―2で快勝した。

 昨季は右肩痛のため不在だった開幕戦で、2000安打まで残り81本とし、「それは心の中だけで。まずはチームが勝てるように1本ずつ、勝利のための安打を打ちたい」とお立ち台で笑った。

■愛弟子の活躍で“コーチ”としての評価上昇

 3月に38歳になったベテランは、出場していないWBCで株を上げた。今年1月、毎年恒例のグアム自主トレに、初めて後輩捕手の小林を同行。朝から晩まで野球漬けにした。その愛弟子が侍ジャパンで正捕手に座り、WBC全7試合で打率はチームトップの.450、1本塁打、6打点をマーク。昨季セ・リーグ最下位の打率に終わったことがウソのように打ちまくった。さるチーム関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る