ド派手2塁打の阪神糸井 “らしさ”は初打席の選球眼にあり

公開日: 更新日:

 両軍計27安打の乱打戦は10-6で阪神が勝利。右膝関節炎の影響で調整遅れが懸念された糸井(35)がいきなり見せた。

 1点リードの三回に回ってきた第2打席。無死一、二塁のチャンスに広島先発ジョンソンの甘いカットボールを強振し、移籍初ヒットは左中間を抜く2点適時二塁打となった。四回の第3打席も一塁線を破るタイムリーヒット。バックにも足を引っ張られたジョンソンを四回途中で降板させた。

 糸井は広島が4点差に追い上げた直後の七回にも、この日3本目のヒットを左前へ。上本のバント失敗の嫌なムードを吹き飛ばした。

 セのあるスコアラーがこう言った。

「4年18億円以上ともいわれる条件で移籍したFA選手です。普通なら開幕戦の初打席からアピールしたいところ。しかも無死一、二塁の好機だったにもかかわらず、糸井は初球、やや外角の直球を見逃し、2ボール1ストライクの後、内角低めのシュート系の球で追い込まれた。その後、ボール球に手を出さず四球を選び、先制点につなげた。糸井はこの5年間、シーズンの平均四球数が71.6。選球眼がいい打者です。最高出塁率(のタイトル)3度(11、12、14年)はダテじゃない。派手なタイムリーより冷静な初打席にこそ、らしさが見えた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る