• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マギー活躍で“飼い殺し”に拍車 村田は巨人で身動き取れず

 獲得したフロントもビックリの活躍だ。

 巨人が先発田口の完封勝利でDeNAを下した21日の試合、打線では5番のマギー(34)が存在感を見せた。4打数2安打で打率.336。このところパタリと当たりが止まっている同僚の坂本(.335)を抜き去り、セの打率トップに躍り出たものだから、球団関係者も目を丸くする。

「マギーは2013年に28本塁打、93打点で楽天の日本一に貢献したとはいえ、4年も前の話。ここ数年はメジャーでも数字を残しておらず、一塁のベテラン阿部(38)のバックアップ要員、三塁の村田(36)の刺激剤としての獲得でしたからね」

 そんな「刺激剤」に、完全にはじき出されてしまったのが村田修一だ。昨年、打率・302、25本塁打と完全復活。ゴールデングラブ賞、ベストナインに輝く活躍を見せながら、今季のスタメン出場はわずか5試合にとどまっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事