• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人自慢の投手陣 なぜ広島にだけボコボコに打たれるのか

 巨人が広島にまた負けた。14日、先発の田口が6回3失点で降板すると、前日に八回の1イニングで6点を失った中継ぎ陣がこの日も炎上。終わってみれば1-8の大敗である。

 これで広島戦は4連敗。1勝7敗と一方的で、投手陣は計56失点とボコボコだ。高橋監督は「言われなくても分かっている。(中継ぎ陣は)その選手がベストを尽くしていくしかない。選択しているのはこっちなので、我々にも問題があるかもしれないが、何とかしないといけない」と危機感を口にした。

 今カードで広島に連敗するまで巨人のチーム防御率は2・86で12球団トップだった。それが、広島戦に限ると同6・62という惨状だ。自慢の投手陣は、なぜ広島にだけ打たれるのか。さる球界関係者がこう言う。

「広島のある選手は『巨人には投球フォームで直球か変化球かを判別できる投手が何人かいる』と言っている。それに、広島は昨年から石井、東出、迎の打撃コーチ3人制を敷いていて、各選手が1打席ごとにコーチと狙い球などを話し合う。他球団が試合前にしかやらないことを、広島は試合中もいちいち細かく確認している。それだけ対巨人のデータが揃っているということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  6. 6

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  7. 7

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

  8. 8

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る