巨人自慢の投手陣 なぜ広島にだけボコボコに打たれるのか

公開日:  更新日:

 巨人が広島にまた負けた。14日、先発の田口が6回3失点で降板すると、前日に八回の1イニングで6点を失った中継ぎ陣がこの日も炎上。終わってみれば1-8の大敗である。

 これで広島戦は4連敗。1勝7敗と一方的で、投手陣は計56失点とボコボコだ。高橋監督は「言われなくても分かっている。(中継ぎ陣は)その選手がベストを尽くしていくしかない。選択しているのはこっちなので、我々にも問題があるかもしれないが、何とかしないといけない」と危機感を口にした。

 今カードで広島に連敗するまで巨人のチーム防御率は2・86で12球団トップだった。それが、広島戦に限ると同6・62という惨状だ。自慢の投手陣は、なぜ広島にだけ打たれるのか。さる球界関係者がこう言う。

「広島のある選手は『巨人には投球フォームで直球か変化球かを判別できる投手が何人かいる』と言っている。それに、広島は昨年から石井、東出、迎の打撃コーチ3人制を敷いていて、各選手が1打席ごとにコーチと狙い球などを話し合う。他球団が試合前にしかやらないことを、広島は試合中もいちいち細かく確認している。それだけ対巨人のデータが揃っているということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る