巨人自慢の投手陣 なぜ広島にだけボコボコに打たれるのか

公開日: 更新日:

 巨人が広島にまた負けた。14日、先発の田口が6回3失点で降板すると、前日に八回の1イニングで6点を失った中継ぎ陣がこの日も炎上。終わってみれば1-8の大敗である。

 これで広島戦は4連敗。1勝7敗と一方的で、投手陣は計56失点とボコボコだ。高橋監督は「言われなくても分かっている。(中継ぎ陣は)その選手がベストを尽くしていくしかない。選択しているのはこっちなので、我々にも問題があるかもしれないが、何とかしないといけない」と危機感を口にした。

 今カードで広島に連敗するまで巨人のチーム防御率は2・86で12球団トップだった。それが、広島戦に限ると同6・62という惨状だ。自慢の投手陣は、なぜ広島にだけ打たれるのか。さる球界関係者がこう言う。

「広島のある選手は『巨人には投球フォームで直球か変化球かを判別できる投手が何人かいる』と言っている。それに、広島は昨年から石井、東出、迎の打撃コーチ3人制を敷いていて、各選手が1打席ごとにコーチと狙い球などを話し合う。他球団が試合前にしかやらないことを、広島は試合中もいちいち細かく確認している。それだけ対巨人のデータが揃っているということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る