今ごろWBC後遺症? 巨人・坂本が謎の打撃“急ブレーキ”

公開日:  更新日:

「今年も首位打者は間違いない。WBCに出ていたっていうのに、あれだけ打ちまくる。広角にヒットを打つ技術を含めて、ホント凄いですよ」

 つい1週間前のこと。巨人の坂本勇人(28)について、ライバル球団の主力選手がこう言って脱帽していた。

 昨季、首位打者と最高出塁率のタイトルを獲得した坂本は、侍ジャパンの正遊撃手として3月のWBCに出場。打率.417の好成績を残し、チームを牽引した。開幕後、筒香(DeNA)、中田(日本ハム)、山田(ヤクルト)ら日本代表の主力野手が軒並み不調や故障に苦しむ中で、3、4月は打率.330。5月は10日の阪神戦までの8試合で5本塁打とアーチを量産していた。いよいよ手がつけられなくなると思ったら、19日のDeNA戦では4タコに終わり、最近6試合は22打数3安打、打率.136、0本塁打、0打点と急ブレーキである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る