• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人と広島で好対照 村田は生きず新井とエルドなぜ生きる

 攻守で精彩を欠いた。

 巨人の村田修一(36)が18日のヤクルト戦に5月6日以来、12日ぶりに「4番一塁」でスタメン出場。しかし、五回2死二塁の好機で三振するなど4打数無安打とサッパリで、七回の守備で遊撃坂本の送球を捕球し損ねて失策。4番の不振が影響し、チームは0-1で2試合連続の零封負けを喫した。

 村田は昨季、全143試合に出場し、打率.302、25本塁打、81打点で三塁手部門のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。しかし、今季は同じポジションに助っ人のマギーが加入。今季は代打起用が大半の22試合出場にとどまり、先発したのは一塁の阿部が休養したわずか5試合だけである。

 指名打者が使える交流戦では、出場機会が増えるかもしれないが、ある巨人OBは、「高橋監督はもっと、村田を生かす起用を考えてもいいのではないか。村田はここまで打率.184、1本塁打、4打点の大不振。使わないことでどんどん成績が落ち、せっかくの持ち駒が死んでしまっている。たとえば広島は、新井とエルドレッド、松山の3人を活用し、うまくいっている」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る