巨人と広島で好対照 村田は生きず新井とエルドなぜ生きる

公開日: 更新日:

 攻守で精彩を欠いた。

 巨人の村田修一(36)が18日のヤクルト戦に5月6日以来、12日ぶりに「4番一塁」でスタメン出場。しかし、五回2死二塁の好機で三振するなど4打数無安打とサッパリで、七回の守備で遊撃坂本の送球を捕球し損ねて失策。4番の不振が影響し、チームは0-1で2試合連続の零封負けを喫した。

 村田は昨季、全143試合に出場し、打率.302、25本塁打、81打点で三塁手部門のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。しかし、今季は同じポジションに助っ人のマギーが加入。今季は代打起用が大半の22試合出場にとどまり、先発したのは一塁の阿部が休養したわずか5試合だけである。

 指名打者が使える交流戦では、出場機会が増えるかもしれないが、ある巨人OBは、「高橋監督はもっと、村田を生かす起用を考えてもいいのではないか。村田はここまで打率.184、1本塁打、4打点の大不振。使わないことでどんどん成績が落ち、せっかくの持ち駒が死んでしまっている。たとえば広島は、新井とエルドレッド、松山の3人を活用し、うまくいっている」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る