• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人と広島で好対照 村田は生きず新井とエルドなぜ生きる

 攻守で精彩を欠いた。

 巨人の村田修一(36)が18日のヤクルト戦に5月6日以来、12日ぶりに「4番一塁」でスタメン出場。しかし、五回2死二塁の好機で三振するなど4打数無安打とサッパリで、七回の守備で遊撃坂本の送球を捕球し損ねて失策。4番の不振が影響し、チームは0-1で2試合連続の零封負けを喫した。

 村田は昨季、全143試合に出場し、打率.302、25本塁打、81打点で三塁手部門のベストナイン、ゴールデングラブ賞を受賞した。しかし、今季は同じポジションに助っ人のマギーが加入。今季は代打起用が大半の22試合出場にとどまり、先発したのは一塁の阿部が休養したわずか5試合だけである。

 指名打者が使える交流戦では、出場機会が増えるかもしれないが、ある巨人OBは、「高橋監督はもっと、村田を生かす起用を考えてもいいのではないか。村田はここまで打率.184、1本塁打、4打点の大不振。使わないことでどんどん成績が落ち、せっかくの持ち駒が死んでしまっている。たとえば広島は、新井とエルドレッド、松山の3人を活用し、うまくいっている」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る