• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャートップの15発 ヤ軍ジャッジは松井秀喜のお墨付き

 ヤンキースのGM特別アドバイザーを務める松井秀喜(42)。マイナーの若手を教えに行くのは、おおかた運動不足解消のためだろうなんて思ったら、とんでもなかった。多いときで月の半分くらい球場に足を運ぶこともあるとか。

 1Aスタッテンアイランドには車で片道1時間、2Aトレントンには1時間半、3Aスクラントンには2時間ほどかけて教えに行く。言葉少なでも、助言を求められれば答え、ときにはキャッシュマンGMに若手に関する報告をすることもあるそうだ。

 さて、そんな松井が素質を高く評価、アドバイスを送っていたのが22日現在、メジャートップの15本塁打を放っているアーロン・ジャッジ外野手(25)だ。

 13年のドラフト1巡目指名。昨年8月にメジャーデビューして4本塁打を放つと、今季は開幕からヤンキースの外野手として定着。米CBSスポーツ(電子版)によれば、開幕40試合で15本塁打をマークしたヤンキースの選手はベーブ・ルース、ミッキー・マントル、ティノ・マルチネス、アレックス・ロドリゲスに次いで5人目。いずれもヤンキースどころか、米球界を代表するようなスラッガーばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る