イチローも地元紙に告白 メジャーは人種差別がてんこ盛り

公開日:

 マーリンズ・イチロー(43)が地元メディアに差別被害を告白した。

 オリオールズの黒人選手がレッドソックスファンから人種差別行為を受けたことに「過去に私にもあった」と2日付の地元紙マイアミ・ヘラルド(電子版)で明かしている。記事によると、イチローは「氷、コインを投げられ、実際に何度か頭に当たった。耳にしたくないようなことも言われた」と具体的な差別行為について言及。01年のメジャーデビュー以来、安打を量産し続けてきたが「(差別を受けたことは)何度もあった」という。

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)も観客からの差別的発言を認めており、「僕はヤジの一部だと思っている」としている。

 中南米出身の選手の間からもイチローに同調する声が聞かれるものの、実はメジャーでは観客だけでなく、審判による人種差別も少なくない。レッドソックス時代の松坂も差別されたひとりだ。移籍1年目の07年には明らかなストライクをボールと判定されたり、事前の注意もなく不正投球を取られたこともあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る