ヤクルトは移籍選手の“再生工場” 選手とコーチが秘訣証言

公開日: 更新日:

 ヤクルトは移籍選手が不思議と生き返る。

 代表格は坂口(32)だ。一昨年にオリックスを自由契約となり、ヤクルト移籍初年度から中堅のレギュラーに定着。日本ハムから加入した鵜久森(30)も今季は代打サヨナラ満塁本塁打を放つなど存在感を発揮。昨季途中、オリックスからトレードでやってきた近藤(33)は中継ぎとして10試合に登板し、防御率0.00。昨オフ、ロッテを自由契約となった大松(34)は今や左の代打の切り札として欠かせない存在だ。

 ヤクルトは野村監督時代、元広島の小早川ら移籍選手が活躍し、「野村再生工場」といわれた。巨人阪神のようにFA補強で大金をかけることが難しく、“クビ選手”を戦力として頼りにせざるを得ない部分はあるにせよ、彼らを生かすすべを持っていることは見逃せない。

 鵜久森は日本ハム時代、長距離砲として期待されていたが、ヤクルトの首脳陣には中堅から逆方向に強い打球を打てる点を評価された。長打にこだわらず、広角に打ち分ける確実性を追い求めたことが奏功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  8. 8

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    「ナギサさん」大森南朋が可愛すぎる家政夫にハマったワケ

もっと見る