ヤクルトは移籍選手の“再生工場” 選手とコーチが秘訣証言

公開日:  更新日:

 ヤクルトは移籍選手が不思議と生き返る。

 代表格は坂口(32)だ。一昨年にオリックスを自由契約となり、ヤクルト移籍初年度から中堅のレギュラーに定着。日本ハムから加入した鵜久森(30)も今季は代打サヨナラ満塁本塁打を放つなど存在感を発揮。昨季途中、オリックスからトレードでやってきた近藤(33)は中継ぎとして10試合に登板し、防御率0.00。昨オフ、ロッテを自由契約となった大松(34)は今や左の代打の切り札として欠かせない存在だ。

 ヤクルトは野村監督時代、元広島の小早川ら移籍選手が活躍し、「野村再生工場」といわれた。巨人や阪神のようにFA補強で大金をかけることが難しく、“クビ選手”を戦力として頼りにせざるを得ない部分はあるにせよ、彼らを生かすすべを持っていることは見逃せない。

 鵜久森は日本ハム時代、長距離砲として期待されていたが、ヤクルトの首脳陣には中堅から逆方向に強い打球を打てる点を評価された。長打にこだわらず、広角に打ち分ける確実性を追い求めたことが奏功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る