• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤクルトは移籍選手の“再生工場” 選手とコーチが秘訣証言

 ヤクルトは移籍選手が不思議と生き返る。

 代表格は坂口(32)だ。一昨年にオリックスを自由契約となり、ヤクルト移籍初年度から中堅のレギュラーに定着。日本ハムから加入した鵜久森(30)も今季は代打サヨナラ満塁本塁打を放つなど存在感を発揮。昨季途中、オリックスからトレードでやってきた近藤(33)は中継ぎとして10試合に登板し、防御率0.00。昨オフ、ロッテを自由契約となった大松(34)は今や左の代打の切り札として欠かせない存在だ。

 ヤクルトは野村監督時代、元広島の小早川ら移籍選手が活躍し、「野村再生工場」といわれた。巨人や阪神のようにFA補強で大金をかけることが難しく、“クビ選手”を戦力として頼りにせざるを得ない部分はあるにせよ、彼らを生かすすべを持っていることは見逃せない。

 鵜久森は日本ハム時代、長距離砲として期待されていたが、ヤクルトの首脳陣には中堅から逆方向に強い打球を打てる点を評価された。長打にこだわらず、広角に打ち分ける確実性を追い求めたことが奏功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る