【六川亨氏特別寄稿】ハリルホジッチ監督招聘の内幕

公開日: 更新日:

 日本代表は13日、イランで行われるロシアW杯アジア最終予選イラク戦に臨む(日本時間午後9時25分キックオフ)。イラクに勝てばロシアへの視界が大きく開けることになる。

 昨年末まで日本サッカー協会(JFA)技術委員会の委員長を務めていた霜田正浩氏は「現在の日本代表はハリルホジッチ監督の意図や狙いが浸透し、誰がプレーしても多種多様の戦い方ができるチームになってきました。選手同士の競争が成長を加速させて、ついに《成熟に向けてのステップ》の段階に突入したと思います」と話す。 

 日本代表は現在、成長過程の「第3クールに突入した」と考えている霜田氏は技術委員長に就任した2014年9月、ロシアW杯本大会までのチームの目標を第1クールから第4クールに設定した。

 まず第1クールは「15年1月のアジアカップ優勝」(準々決勝でUAEにPK戦負け)。第2クールは「W杯2次予選で多くの選手を試しながら最終予選に進出する」。指揮官はアギーレからハリルホジッチに代わったが、当初の目標設定は変わらず、第3クールは「W杯アジア最終予選では結果にこだわりながらチームを熟成させる」。第4クールが「W杯本大会に向けて準備を進めながらマッチメークやキャンプで結果を残す」――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る