• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハリル監督に高まる不信感 手薄過ぎるCBに「正気なのか」

 7日の調整試合シリア戦(調布)、14日のW杯アジア最終予選イラク戦(イラン)に向けて合宿中のハリルホジッチ日本代表。5日はシリア戦の試合会場でトレーニングを行ったが、今回の招集メンバーについて選手たちの間から「ハリルは正気?ヤバイよ!」と懸念されているポジションがある。

 センターバックが「手薄過ぎる」と言うのだ。

 確かに英プレミアでプレーしているDF吉田麻也(代表歴73試合=サウサンプトン)の次にキャリアのある選手が鹿島DF昌子源(2試合)となり、あとは初招集のG大阪DF三浦弦太しかいない。もしシリア戦で吉田がケガなどした場合、大一番のイラク戦は昌子と三浦の急造コンビが、CBを務めることになる。

「2013年9月のグアテマラ戦で吉田と初めてコンビを組んで以来、代表常連のFC東京DF森重真人(41試合)が、今回のメンバーから外れたこともあるが、選手たちは『チャレンジャーと言えばそれまでだが、ハリルは何を考えているのか?』と呆れている。そもそも吉田と昌子は、これまで一度も一緒にプレーしておらず、シリア戦が初のコンビとなる。その試合で仮に息の合ったプレーができたとしても、比較にならないプレッシャーのかかるイラク戦でもうまくいく保証なんてどこにもない。『それにしても無謀だ……』と不安を隠さない選手もいました」(マスコミ関係者)

 昌子の代表デビューは15年3月のウズベキスタン戦。森重とCBを務めてフル出場。吉田はベンチだった。2試合目は16年6月のブルガリア戦。残り6分になって出番が回ってきた。先発した吉田と入れ違いである。

 大丈夫なのか? ハリル日本の守備陣は――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る