「CM持ってきて」 浮かれるハリルにサッカー協会ゲンナリ

公開日: 更新日:

 W杯アジア最終予選のUAE戦、タイ戦で勝ち点6ゲットにサッカー日本代表ハリルホジッチ監督は大喜び……どころか「テレビやスポーツ紙が監督選手起用ズバリ! と持ち上げるので上機嫌。浮かれまくっているのですが……」と、サッカー担当記者がこう続ける。

「正GKの浦和・西川の調子がイマイチだったので当初、第2GKのG大阪・東口を起用する予定だった。ところが東口がUAE戦前のJリーグで左頬を骨折し、第3GKの川島に頼るしかなかった。その川島がビッグセーブを連発して2試合無失点に貢献した。UAE戦勝利の立役者・G大阪MF今野にしても、クラブでのポジション『中盤の前め』で使ったら、期待以上の好パフォーマンスを発揮してくれた。ラッキーが重なった結果です」

 たとえばタイ戦。スコアこそ4-0とワンサイドだが、シュート本数は日本の12本に対してタイは14本。決定的な局面もタイが上回っていた。試合内容をシビアに検証すれば、とても喜んでいるような場合ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  5. 5

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る