女子背泳ぎ弱体化の原因? 柔道パワハラ事件影響の憶測も

公開日: 更新日:

 お家芸の一つがピンチだ。

 17日、競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)の日本代表メンバーが発表され、先の日本選手権で女子史上初の5冠を達成した池江璃花子(16=淑徳巣鴨高)ら男女合わせて18人が名を連ねた。

 日本代表の平井伯昌監督は、世界選手権で男女とも複数種目での表彰台を目標に掲げているが、女子は心もとない。今やエース格に成長した池江(自由形、バタフライ)の実力は突出しているとはいえ、背泳ぎの代表はゼロ。日本選手権で派遣標準記録(50メートル=28秒08、100メートル=1分00秒25、200メートル=2分09秒54)に達した選手が出なかったため、今回は選出を見送らざるを得なかった。

 女子背泳ぎは、2012年ロンドン五輪銅メダルの寺川綾の引退後は低迷。昨夏のリオ五輪では酒井夏海が100メートル、200メートルとも予選落ちしたように、今や日本の弱点種目になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る