女子背泳ぎ弱体化の原因? 柔道パワハラ事件影響の憶測も

公開日:  更新日:

 お家芸の一つがピンチだ。

 17日、競泳の世界選手権(7月、ブダペスト)の日本代表メンバーが発表され、先の日本選手権で女子史上初の5冠を達成した池江璃花子(16=淑徳巣鴨高)ら男女合わせて18人が名を連ねた。

 日本代表の平井伯昌監督は、世界選手権で男女とも複数種目での表彰台を目標に掲げているが、女子は心もとない。今やエース格に成長した池江(自由形、バタフライ)の実力は突出しているとはいえ、背泳ぎの代表はゼロ。日本選手権で派遣標準記録(50メートル=28秒08、100メートル=1分00秒25、200メートル=2分09秒54)に達した選手が出なかったため、今回は選出を見送らざるを得なかった。

 女子背泳ぎは、2012年ロンドン五輪銅メダルの寺川綾の引退後は低迷。昨夏のリオ五輪では酒井夏海が100メートル、200メートルとも予選落ちしたように、今や日本の弱点種目になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る