「やめたかった」 競泳・金藤理絵が語る“リオ金”の前と後

公開日:

 昨年8月、リオデジャネイロ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した金藤理絵(28)。2012年のロンドン五輪では出場を逃し、故障を抱えながらも引退の危機を乗り越えて悲願の金メダルを掴んだ。当時の心境を振り返りながら、今後の目標を聞いた。

――金メダルと分かった瞬間、どんな心境でしたか?

「電光掲示板を見ると、私が狙っていたタイムよりも遅かったので、これで優勝していいのかなと。優勝できてうれしかったですが、欲を言えば記録も狙いたかった。周りに祝福されてから素直に喜べるようになりましたね。五輪は記録もそうですが、勝負が大事なんだと改めて感じました」

――出場を逃したロンドン五輪からの4年間は長かったですか?

「体も気持ちもきつかったので、本当に長かったです。気持ちの方がきつかったかな。やめたくて仕方なかったですが、加藤(健志)コーチから『おまえは絶対に(世界記録の)2分20秒を切れる』と、説得されました(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る