G西村も“魔の七回”に打たれ…山口俊に中継ぎ転向プラン

公開日: 更新日:

 巨人が競り負けた。

 6日の広島戦。5―5と追い付いた七回に登板した西村健太朗(32)が、丸にこの日2発目となるソロ本塁打を浴び、勝ち越しを許した。「本塁打が一番ダメ。2ボールにして打者有利にしてしまったところが反省点」と西村がうなだれれば、村田ヘッドコーチも「しのいでくれたらと思ったけど」とムッツリである。

 プロ初先発初登板のドラフト2位ルーキー畠(近大)が4回を5安打4失点。打線は3度同点に追い付いたが、投手陣が踏ん張れず、西村は今季初黒星を喫した。巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「今年は毎度のように七回の試合運びに苦しめられている。開幕当初からマシソン、カミネロにつなぐ七回のリリーフがいないといわれる問題は、球宴前の今になってもそのまま。本来は山口鉄のような左投手に入って欲しい。だから、新人の池田、FA入団の森福、トレードで入った吉川光も試してみたが、誰も定着できなかった。西村はここのところ安定していたため、抜擢されたんでしょう。ただ、ラッキーパンチ気味だったとはいえ、丸の本塁打は大事にいって欲しいところ。1、2戦目は先発の田口、菅野が試合をコントロールして2連勝した。だが、同点か劣勢の展開で六、七回から継投に入ると、途端にもろくなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る