G西村も“魔の七回”に打たれ…山口俊に中継ぎ転向プラン

公開日: 更新日:

 巨人が競り負けた。

 6日の広島戦。5―5と追い付いた七回に登板した西村健太朗(32)が、丸にこの日2発目となるソロ本塁打を浴び、勝ち越しを許した。「本塁打が一番ダメ。2ボールにして打者有利にしてしまったところが反省点」と西村がうなだれれば、村田ヘッドコーチも「しのいでくれたらと思ったけど」とムッツリである。

 プロ初先発初登板のドラフト2位ルーキー畠(近大)が4回を5安打4失点。打線は3度同点に追い付いたが、投手陣が踏ん張れず、西村は今季初黒星を喫した。巨人OBの評論家、高橋善正氏がこう言う。

「今年は毎度のように七回の試合運びに苦しめられている。開幕当初からマシソン、カミネロにつなぐ七回のリリーフがいないといわれる問題は、球宴前の今になってもそのまま。本来は山口鉄のような左投手に入って欲しい。だから、新人の池田、FA入団の森福、トレードで入った吉川光も試してみたが、誰も定着できなかった。西村はここのところ安定していたため、抜擢されたんでしょう。ただ、ラッキーパンチ気味だったとはいえ、丸の本塁打は大事にいって欲しいところ。1、2戦目は先発の田口、菅野が試合をコントロールして2連勝した。だが、同点か劣勢の展開で六、七回から継投に入ると、途端にもろくなります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  4. 4

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る