• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

疲労懸念もなんの 菅野は「中4日」が巨人に吉と橋本清氏

 投手の肩は消耗品、を持論にする元横浜監督の権藤博氏ですら、「100球前後の球数を守るというのを絶対条件にすれば、中4日での先発はなにも問題ない。今の中5日、中6日のローテーションはちょっと甘すぎます」と言っている。

 5日の広島戦で巨人のエース菅野智之(27)が2年ぶりにその中4日で登板。チーム内から疲労を懸念する声が上がっていたが、どっこい6回3安打無失点の好投でリーグ単独トップとなる8勝目を挙げた。

「内容もよかった」

 と、評論家の橋本清氏がこう続ける。

「恐らく、最初から6回か7回を投げればいいと思っていたのでしょう。持ち球をバランス良く使いながらも、配球の主体にしていたのは直球系のボールでした。82球を投げて、直球系が半分以上の43球。シュートの割合も多く、打者の内角を大胆に突いた。中5日や中6日だと少しでも長いイニングを投げようと意識する余り、変化球が多くなる傾向がある。特に得意のスライダーに頼って一発を浴びるというケースがありますが、この日はそうした不安を感じさせませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  7. 7

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る