• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

疲労懸念もなんの 菅野は「中4日」が巨人に吉と橋本清氏

 投手の肩は消耗品、を持論にする元横浜監督の権藤博氏ですら、「100球前後の球数を守るというのを絶対条件にすれば、中4日での先発はなにも問題ない。今の中5日、中6日のローテーションはちょっと甘すぎます」と言っている。

 5日の広島戦で巨人のエース菅野智之(27)が2年ぶりにその中4日で登板。チーム内から疲労を懸念する声が上がっていたが、どっこい6回3安打無失点の好投でリーグ単独トップとなる8勝目を挙げた。

「内容もよかった」

 と、評論家の橋本清氏がこう続ける。

「恐らく、最初から6回か7回を投げればいいと思っていたのでしょう。持ち球をバランス良く使いながらも、配球の主体にしていたのは直球系のボールでした。82球を投げて、直球系が半分以上の43球。シュートの割合も多く、打者の内角を大胆に突いた。中5日や中6日だと少しでも長いイニングを投げようと意識する余り、変化球が多くなる傾向がある。特に得意のスライダーに頼って一発を浴びるというケースがありますが、この日はそうした不安を感じさせませんでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る