由伸監督と親密 来季巨人ヘッドに侍J小久保前監督が浮上

公開日: 更新日:

 巨人の来季のヘッドコーチに意外な名前が浮上している。

「侍ジャパンの小久保前監督です。オフに、チーム低迷の責任を取ってヘッドの村田さんが退団する可能性が高い。そこで来季、3年契約の最終年を迎える由伸監督を支えるヘッドコーチの候補として、OBで解説者の江川卓さんの入閣、あるいは、斎藤二軍監督の配置転換、川相三軍監督の復帰などさまざまな名前がチーム周辺では取り沙汰されているのですが、その候補者に小久保前監督もリストアップされている、という話がチーム内に広まっているのです」(日本テレビ関係者)

 この関係者が言うように、村田真一ヘッドコーチ(53)が今季限りで更迭されるのは確実だ。球団ワーストを更新する13連敗を記録するなど、今季の歴史的低迷を招いた要因はもちろん、首脳陣にもある。が、現役続行の希望を引っ込めさせて祭り上げた高橋由伸監督(42)を読売本社、球団の方からクビにするわけにはいかない。もともと村田ヘッドは戦術、戦略にたけているというタイプではなく、経験の浅い指揮官をフォローする参謀役は、荷が重いといわれていた。3年連続のV逸どころか、最下位まであり得る今季の惨状を招いては、クビは避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る