由伸監督と親密 来季巨人ヘッドに侍J小久保前監督が浮上

公開日:

 巨人の来季のヘッドコーチに意外な名前が浮上している。

「侍ジャパンの小久保前監督です。オフに、チーム低迷の責任を取ってヘッドの村田さんが退団する可能性が高い。そこで来季、3年契約の最終年を迎える由伸監督を支えるヘッドコーチの候補として、OBで解説者の江川卓さんの入閣、あるいは、斎藤二軍監督の配置転換、川相三軍監督の復帰などさまざまな名前がチーム周辺では取り沙汰されているのですが、その候補者に小久保前監督もリストアップされている、という話がチーム内に広まっているのです」(日本テレビ関係者)

 この関係者が言うように、村田真一ヘッドコーチ(53)が今季限りで更迭されるのは確実だ。球団ワーストを更新する13連敗を記録するなど、今季の歴史的低迷を招いた要因はもちろん、首脳陣にもある。が、現役続行の希望を引っ込めさせて祭り上げた高橋由伸監督(42)を読売本社、球団の方からクビにするわけにはいかない。もともと村田ヘッドは戦術、戦略にたけているというタイプではなく、経験の浅い指揮官をフォローする参謀役は、荷が重いといわれていた。3年連続のV逸どころか、最下位まであり得る今季の惨状を招いては、クビは避けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る