巨人はなぜやらない? 広島の選手が語る「一番嫌なこと」

公開日: 更新日:

 4日の広島戦で三塁で今季初のスタメン出場となった巨人の村田修一(36)が働いた。

 5番として2安打1打点。昨季ゴールデングラブ賞を受賞した守備では、六回無死一、三塁から菊池の三ゴロを本塁へ正確な送球で封殺した。打率が3割を切った(・299)ケーシー・マギー(34)が初めて先発から外れたための代役だったが、起用に応えた格好だ。

 が、対戦相手の広島が「何であれをやらないの?」とクビをひねっていることがある。それは、普段は三塁を守るマギーの二塁起用だという。

■二塁マギーはあくまでイレギュラー

 5―9で敗れた4月12日の広島戦。五回に代打で3ランを放った村田が六回から三塁の守備に就き、三塁で先発したマギーが二塁へ回った。マギーは2度の守備機会を無難にこなしたものの、高橋由伸監督は「攻撃しなくてはいけなかったので。そんなには考えてないけどね。今日みたいな(乱打戦で追う展開の)時にということじゃないか」と、あくまでイレギュラーなオプションとし、実際、その後は一度も守っていない。ただ、広島のある選手はこう証言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る