日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全米女子初日イーブン 宮里藍が精出す“引退商売”の皮算用

【全米女子オープン 初日】

 プロゴルファーに「引退」というものがあるとは知らなかったが、「今年で辞めます」と言わなければここまで注目されることはなかっただろう。3年ぶり11度目の出場となった宮里藍(32)は、2バーディー、2ボギーのイーブンパー、47位タイ(暫定)で初日を終えた。

「この大会はグリーン上で我慢を強いられることにある。一打一打丁寧にやりたい」

 藍は03年に高3で日本女子アマに優勝。同年プロツアーで史上2人目となるアマ優勝を飾り、プロ転向1年目に5勝を挙げて史上最年少で獲得賞金が1億円を突破した。06年から米ツアーに本格参戦。10年には年間5勝を挙げて世界ランク1位にもなった。今年の5月にわざわざ「引退会見」を行ったのは、「他のプロとは違う」という特別な意識を持っているからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事