来季期待のサンウルブズ 豪カンファレンス移行のリスク

公開日: 更新日:

 スーパーラグビー参入2年目も黒星を積み重ねた日本のサンウルブズ。15日にはブルーズ(ニュージーランド)との今季最終戦に臨み、48―21で逆転勝ちした。ニュージーランドチームを初めて破り、2勝13敗の勝ち点12とし、最下位を逃れて2年目のシーズンを終えた。

 就任1年目のフィロ・ティアティア・ヘッドコーチ(HC=46)は「われわれよりも大きくて力強い上に経験も豊富なNZ、豪州、南アのベストなチームと対戦できて楽しかった。われわれにはいい経験になっている」と早くも来季を見据えた。

 今季のサンウルブズは2019年W杯に向けた強化策として日本代表との連携を図った。外国人も含めて代表候補選手中心のメンバーで臨んだものの、南半球の強豪の壁に阻まれ、2年連続で惨敗。そんなサンウルブズだが、来季は活躍が見込めるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  6. 6

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  7. 7

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    今年の大阪国際女子は「マラソンにあらず」元陸連幹部激怒

  10. 10

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

もっと見る