来季期待のサンウルブズ 豪カンファレンス移行のリスク

公開日:

 スーパーラグビー参入2年目も黒星を積み重ねた日本のサンウルブズ。15日にはブルーズ(ニュージーランド)との今季最終戦に臨み、48―21で逆転勝ちした。ニュージーランドチームを初めて破り、2勝13敗の勝ち点12とし、最下位を逃れて2年目のシーズンを終えた。

 就任1年目のフィロ・ティアティア・ヘッドコーチ(HC=46)は「われわれよりも大きくて力強い上に経験も豊富なNZ、豪州、南アのベストなチームと対戦できて楽しかった。われわれにはいい経験になっている」と早くも来季を見据えた。

 今季のサンウルブズは2019年W杯に向けた強化策として日本代表との連携を図った。外国人も含めて代表候補選手中心のメンバーで臨んだものの、南半球の強豪の壁に阻まれ、2年連続で惨敗。そんなサンウルブズだが、来季は活躍が見込めるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る