• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラグビーW杯日本代表 南アに勝った15年大会の再現あるか

「どんな相手でも大きなチャレンジになる。しっかりと準備して、若手選手も育てて臨みたい」――。

 ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=47)が、こう意気込みを口にした。

 10日、2019年ラグビーW杯日本大会の組み合わせ抽選会が京都迎賓館で行われ、世界ランキング11位で開催国の日本は、同4位のアイルランド、同5位のスコットランドとともに1次リーグA組に入った。A組の残りの2枠には、欧州予選1位と欧州・オセアニアプレーオフの勝者が加わる。

 アイルランド、スコットランドとも、前回15年イングランド大会で8強入りした強豪。特にアイルランドは着実にレベルアップしており、昨年11月のテストマッチでは同1位のニュージーランドに勝利。さらに今年3月には欧州の強豪同士が対戦する6カ国対抗で、前日本代表HCのエディー・ジョーンズ率いる同2位のイングランドも撃破。ニュージーランド、イングランド両代表のテストマッチ連勝記録の更新(19)を阻止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る