ラグビーW杯日本代表 南アに勝った15年大会の再現あるか

公開日:

「どんな相手でも大きなチャレンジになる。しっかりと準備して、若手選手も育てて臨みたい」――。

 ラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC=47)が、こう意気込みを口にした。

 10日、2019年ラグビーW杯日本大会の組み合わせ抽選会が京都迎賓館で行われ、世界ランキング11位で開催国の日本は、同4位のアイルランド、同5位のスコットランドとともに1次リーグA組に入った。A組の残りの2枠には、欧州予選1位と欧州・オセアニアプレーオフの勝者が加わる。

 アイルランド、スコットランドとも、前回15年イングランド大会で8強入りした強豪。特にアイルランドは着実にレベルアップしており、昨年11月のテストマッチでは同1位のニュージーランドに勝利。さらに今年3月には欧州の強豪同士が対戦する6カ国対抗で、前日本代表HCのエディー・ジョーンズ率いる同2位のイングランドも撃破。ニュージーランド、イングランド両代表のテストマッチ連勝記録の更新(19)を阻止した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る