ライバルがヒント 19年ラグビーW杯の勝機は九州にあり

公開日:

 去る17日のアイルランド(世界ランキング3位)とのテストマッチ初戦(静岡・エコパスタジアム)で、22―50と大敗したラグビー日本代表(同11位)。

 アイルランドは19年W杯日本大会(9月開幕)1次リーグA組でスコットランド(同5位)と並ぶ、日本の最大のライバルだ。今回の来日メンバーは1・5軍。主力11人が別の遠征に参加しているためで、ベストメンバーで臨んでくる19年大会での日本の苦戦は必至だが、日本の決勝ラウンド進出にわずかながら、望みもある。

 この日、取材に応じたアイルランドのCTBギャリー・リングロース(22)は17日の試合を振り返り「アイルランドよりも暑く、我々にはチャレンジだった。日本の蒸し暑さは体の大きい選手、体重が重い選手には厳しい」と19年大会への警戒を強めていた。

 暑さに不慣れな2強の弱点を突かない手はない。19年大会は9月でも30度近くを記録する日は珍しくない熊本、大分も会場だ。この2カ所を2強との対戦会場にすれば、勝機も見えてくる。19年大会の会場、日程などは組織委員会によって今秋にも正式決定する。間違っても札幌や岩手・釜石を会場にしない方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る