阪神超長期“死のロード”より酷 2位争いDeNAの“死の日程”

公開日: 更新日:

 阪神は28日の中日戦(ナゴヤ)を皮切りに、いわゆる「死のロード」がスタートした。今季は計31日間、9カード27試合が組まれるロングラン。順調に試合をこなすと、球団史上最多の試合数になるという。

 もっとも、金本監督は「今はロードという時代じゃない」と言っているように、本拠地で戦えないハンディはゼロではないだろうが、今年の阪神はむしろ環境に恵まれているといえる。全9カード中、京セラの主催試合が2カード組まれるなど、6カードがドーム球場で行われるのだ。

 いくらナイター開催とはいっても、屋外球場は負担が大きい。試合前練習は昼間にやるし、夜もグラウンドレベルはかなり蒸し暑い。「芝が太陽の光を吸収して夜も熱がこもっている。涼しい時期に比べて疲労度は雲泥の差です」とは、屋外球場を使用する球団の主力選手だ。

 その点、エアコンが効いているドーム球場はとりわけ連投が求められるリリーフ投手やベテランにとってはプラス。球場に行く時間が遅くて済むビジターチームは、朝をゆっくり過ごせるし、睡眠もしっかりとれる。「夏はドームのビジターに限る」という選手も少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る