• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神超長期“死のロード”より酷 2位争いDeNAの“死の日程”

 阪神は28日の中日戦(ナゴヤ)を皮切りに、いわゆる「死のロード」がスタートした。今季は計31日間、9カード27試合が組まれるロングラン。順調に試合をこなすと、球団史上最多の試合数になるという。

 もっとも、金本監督は「今はロードという時代じゃない」と言っているように、本拠地で戦えないハンディはゼロではないだろうが、今年の阪神はむしろ環境に恵まれているといえる。全9カード中、京セラの主催試合が2カード組まれるなど、6カードがドーム球場で行われるのだ。

 いくらナイター開催とはいっても、屋外球場は負担が大きい。試合前練習は昼間にやるし、夜もグラウンドレベルはかなり蒸し暑い。「芝が太陽の光を吸収して夜も熱がこもっている。涼しい時期に比べて疲労度は雲泥の差です」とは、屋外球場を使用する球団の主力選手だ。

 その点、エアコンが効いているドーム球場はとりわけ連投が求められるリリーフ投手やベテランにとってはプラス。球場に行く時間が遅くて済むビジターチームは、朝をゆっくり過ごせるし、睡眠もしっかりとれる。「夏はドームのビジターに限る」という選手も少なくないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る