先輩左腕と同じ…筒香の1発で負けた岩貞のミスは“阪神病”

公開日:

 ビデオを見ているような試合だった。

 阪神先発の岩貞は六回までDeNA打線を無失点に抑えていたが、七回の先頭・筒香に高めの甘い初球を右翼席へたたき込まれた。結局岩貞は、8回を投げ3安打、9奪三振、1失点で(4勝)7敗目。貧打の阪神は岩貞の悔やまれる失投もあって今季8度目の完封負け。DeNAと同率2位に並んだ。

 それにしても、この日のやられ方は「あの試合」と酷似している。それは昨年4月1日のDeNA戦だ。この試合、先発能見は八回まで3安打、7奪三振、無失点の好投を見せていた。1点リードで九回のマウンドに上がると、先頭の筒香に真ん中高めの直球を左翼席に同点弾を運ばれ、代わった歳内が下園にサヨナラ打を許した。

 就任後、初のサヨナラ負けとなった金本監督は「失敗は、先頭の筒香の入り方だけ。あそこだけ」と言って悔やんだ。先輩が犯した「重大ミス」を、1年以上経って同じ左腕の岩貞が繰り返したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る