2年ぶりVの成田美寿々 “パッティング女王”願望の落とし穴

公開日:

【大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日】

 首位発進の成田美寿々(24)が逃げ切り、2年ぶりツアー通算8勝目を果たした。

 大会4日間で22バーディーを奪い、ボギーは1つ。最終日4番パー4の3パットボギーだけだった。今季から従来のコーチに加え、パット担当コーチとも新たに契約して2人体制になり、ショット、パットともに自信を深めていた。

「やっと勝てた。2年間勝てなかったことがないので、苦しんで勝てて強くなれたと思う。パッティングの女王になりたいと今年は意識している。平均バーディー数4.0、平均パット1.7を達成すれば賞金女王も近づく。がんがんバーディーを取っていきたい」(成田)

 田原紘プロがこう言う。

「以前のスイングはインパクトが強かったけれど、振りがコンパクトになり戦えるスイングになった。キム・ハヌルやイ・ボミのように軸回転でスイングして、下半身リードでくるっと目標に向いている。ただ、今週勝ったからといって、パターは簡単に答えは出てこない。真価が問われるのはこれから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る