2年ぶりVの成田美寿々 “パッティング女王”願望の落とし穴

公開日: 更新日:

【大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日】

 首位発進の成田美寿々(24)が逃げ切り、2年ぶりツアー通算8勝目を果たした。

 大会4日間で22バーディーを奪い、ボギーは1つ。最終日4番パー4の3パットボギーだけだった。今季から従来のコーチに加え、パット担当コーチとも新たに契約して2人体制になり、ショット、パットともに自信を深めていた。

「やっと勝てた。2年間勝てなかったことがないので、苦しんで勝てて強くなれたと思う。パッティングの女王になりたいと今年は意識している。平均バーディー数4.0、平均パット1.7を達成すれば賞金女王も近づく。がんがんバーディーを取っていきたい」(成田)

 田原紘プロがこう言う。

「以前のスイングはインパクトが強かったけれど、振りがコンパクトになり戦えるスイングになった。キム・ハヌルやイ・ボミのように軸回転でスイングして、下半身リードでくるっと目標に向いている。ただ、今週勝ったからといって、パターは簡単に答えは出てこない。真価が問われるのはこれから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  9. 9

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る