• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2年ぶりVの成田美寿々 “パッティング女王”願望の落とし穴

【大東建託・いい部屋ネットレディス 最終日】

 首位発進の成田美寿々(24)が逃げ切り、2年ぶりツアー通算8勝目を果たした。

 大会4日間で22バーディーを奪い、ボギーは1つ。最終日4番パー4の3パットボギーだけだった。今季から従来のコーチに加え、パット担当コーチとも新たに契約して2人体制になり、ショット、パットともに自信を深めていた。

「やっと勝てた。2年間勝てなかったことがないので、苦しんで勝てて強くなれたと思う。パッティングの女王になりたいと今年は意識している。平均バーディー数4.0、平均パット1.7を達成すれば賞金女王も近づく。がんがんバーディーを取っていきたい」(成田)

 田原紘プロがこう言う。

「以前のスイングはインパクトが強かったけれど、振りがコンパクトになり戦えるスイングになった。キム・ハヌルやイ・ボミのように軸回転でスイングして、下半身リードでくるっと目標に向いている。ただ、今週勝ったからといって、パターは簡単に答えは出てこない。真価が問われるのはこれから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る